top of page
検索
  • 執筆者の写真NADE九州支部

第28回ディベート甲子園までの九州地区イベントについて

更新日:2023年3月14日


先週、第28回ディベート甲子園の論題が発表されました。



去年に引き続き中高どちらも新規論題ですが、

過去に類似の論題があった昨年と違い、今年は完全新規論題です。

テーマも難解で、どこから手を付けてよいのか悩まれている人も多いかもしれません。


(注意:高校論題については、論題解説を読む際はこちらの記事も併せてご覧いただくことをお勧めします。)


他地区では論題勉強会のようなイベントを予定しているところもありますが、

当支部には中高どちらの論題も、専門家と言えるような人材はおりませんので

支部内で協議し、以下のようなスケジュールでイベントを予定しています。


3/26(日) 論題勉強会(主催:NADE中国・四国支部)※オンライン

4/23(日) 春期講座(講座と練習試合)※オンライン

6/4(日) 九州大会1日目 ※オンライン

7/9(日) 九州大会2日目 ※対面形式


3/26の論題勉強会は、中四国支部で募集要項が公開されます。

4/23の春期講座は、他地区の春大会等で現在どういう議論が行われているか等、実践的な講座を予定しています。


6月と7月の九州大会は2日制ですが、前年同様、どちらかのみの参加でも全国大会への進出が可能です。

1日目はオンライン、2日目は対面形式(オフライン)での開催を企画中です。

現在会場調整を行っている最中ですので、1日目・2日目の日程も含めて、確定ではありませんのであらかじめご了承ください。


詳細な情報は、確定次第改めてこちらで告知させていただきます。


それでは、今年度もどうぞよろしくお願いいたします。


閲覧数:489回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第12回QDC杯お疲れさまでした

本日、第12回QDC杯ディベート大会がオンラインで行われました。 朝9時に発表された論題は 「日本は国会議員の定数を男女同数とすることを法で定めるべきである。是か非か」 いわゆる「クオータ制」です。 クオータ制はJDAでも2020年秋に論題になっていますが、QDC杯はカウンタープランを禁止する甲子園ルールですので、バランスを調整するために文言を工夫し、クオータ制のうち「議席割当制」を意図した論題で

第12回QDC杯受付を締め切りました

本日0時を持ちまして、第12回QDC杯の受付を締め切りました。 出場チームは下記のとおりです。(順不同) MMM 琉球覇王色 AIE国際高等学校ディベート部 福岡雙葉中学校ディベート部 上野丘高校 ディベート同好会 自調自考 熊本信愛女学院 プリティーキュア チュパカブラ 2/10(土)に、「プリティーキュア」と「チュパカブラ」で予選を行います。 それ以外の7チームと予選の勝者は、2/11(日)本

第12回QDC杯のご案内

下記の通り、第12回QDC杯を開催いたします。 今回のQDC杯は2/11(日)に「当日論題発表」にて行います。 朝9時に論題発表し、3時間後に試合開始となります。 申込が8チームを超える場合、前日(2/10)に予選を行います。 ※2/11~12ではなく2/10~11です。最初間違って書いてましたので修正しました。 要項の記載が正しいです。失礼しました。 要項にも記載のあるように、申込が早いチームの

bottom of page